N.K.Dance Lab 主宰 小宮伸子 ごあいさつ
「ダンスが好き!踊りたい!やってみたい!」の気持ちを大切に☆

私はダンスが大好きです。
そしてジャズダンスにハマッています

現在は地元平塚で指導をするかたわら、
名倉ジャズダンススタジオカンパニーメンバーとして、日々、精進しています。
師匠の名倉加代子先生には私の人生を変えるほどに、とても影響されて、今日があります。

* * *

私は幼少の頃から体が弱く、かかりつけの医師が「水泳をさせなさい」と母親に言っているのを聞き、水が怖かった私は「バレエを習いたい!見学へ行く」と言って、浅沼知子先生(バレエ・エーブル主宰)のところへ通う様になりました。

バレエ教室では、ピアノ曲でレッスンし、バレエ用語などが飛び交い、すぐに好きになりました♪

学校などでイヤな事や辛い事があっても、私の心の支えたっだのは趣味のバレエとピアノでした。好きな事をする事で、自分に帰る事が出来、レッスン時間は集中していました。特にバレエは非日常的な空間(鏡張り、バー付きのスタジオ)で、レッスンに行くといつも変わらず熱心に指導して下さる先生がいて、一緒に踊っている仲間達がいる。ただそれだけで、救われた気持ちがありました。

* * *

高校では陸上部のマネージャーとして選手を支え、ジャズダンス愛好会なる部員数のたりないサークルで文化祭などで仲間達と踊っていました。当時ミュージカル映画が流行し、映画館へ行ったり、ビデオを何回も見たりしNYへ憧れを抱いていました。高3の担任渡辺浩通先生は進路の事で色々と相談にのって下さり 、無事、舞踊課に合格しました。数年後に先生のご紹介で城内高校のダンスコーチを務めました。N.Kの発表会も観に来て下さいます。

日本女子短期体育大学舞踊課教職コースでは色々なタイプのダンス実技(バレエ・モダン・ジャズダンス・学校ダンス・レクダンス他)と、いわゆる体育(陸上・バスケット・バレーボール・水泳他)に加え、解剖学、生理学、教育論、教育心理学などを学びました。とても有意義な2年間でした。現在、同級生達は それぞれのダンス分野で活躍していて、会うたびに刺激し合ってお互いを高めています。

短大時代は学校の授業だけでは足りずに学校帰りにジャズダンスやバレエ、HIPHOPのレッスンに通いました。 レッスン代を稼ぐために朝5:30からサンドイッチ屋さんでアルバイトをし、学校はハード、その後都内でレッスンし帰宅する毎日でした 。

しかしそんなハードな事を続けていたため体が悲鳴をあげ、腰痛から足が動かなくなり歩けなくなってしまいました。病院では骨盤の奇形でダンスをやめる様に言われ、大変なショックで心が折れそうになりました。大好きなダンスをやめる事はできず、何とか続けたいという一心から腰痛のストレッチなどを学びました。それが私にとても合っていたようで、続ける内に腰痛も次第に良くなりました。その後、厚木凡人先生と永田登志子先生から体の使い方を徹底的に直され、矯正しバランスが良くなりました。

その時学んだ腰痛ストレッチは、現在、美容バレエクラスのストレッチとして活かされています。

* * *

子どもの頃から、母からは「好きな事をさせてあげてるのだから、嫌な事もしなさい」と教えられてきました。何かあると「じゃあ、ダンスをやめなさい!」と言われていました。

私が夢に向かっているのを心から応援してくれていた事を知ったのは母が他界した時。母の友人から聞きました。母の他界のすぐ後に父の体の様子がおかしくなり、パーキンソン病と診断。母の死と父の病気。どうしたら良いか悩んだあげく、勤めていた会社をやめ、家事手伝いの生活が始まりました。ようやく生活に慣れた頃、私の心が「踊りたい!」と大きく動きました。そして趣味のダンスが趣味ではなくなった日から、私の挑戦は始まりました。(そして今も続いています)

師匠の名倉先生との出会いがジャズダンスをより一層興味深いものにしました。青山劇場での「CAN'T STOP DANCIN'」は本当に素晴らしいです。本番はもちろん、リハーサルから一丸になって師匠の作品にそれぞれの魂を吹き込んで踊ります。先輩方の真摯に踊る後ろ姿を観て育ちました。色々な方に観て頂きたいと思います。名倉スタイルのジャズダンスは、何年先も人々に愛されていくジャズダンスだと信じています。これから先も永遠に愛されるダンスとして、協力できる事があればどんどんとやって行きたいと思っています。

最近ではN.Kジュニアの数名も名倉スタジオのレッスンに通って頑張っています。私自身レッスン中に師匠の言葉がすっと心の中に入ってくるので、毎回のレッスンが楽しみであり成長の場でもあります。レッスンでは思い切った事も出来るので、楽しいですし、自分自身と向き合える唯一の時間です。

* * *

念願のNYへ行った時には、ダンスは言葉の壁を超えると肌で感じました。ダンススタジオは様々な人種でごった返していました。レッスンは刺激的でした。カタコトの英語で色々なダンサーと話をする機会もありました。おしゃべりした人達は皆、夢を抱きNYへレッスンに来ていました。バレエ、ジャズダンスのレッ スンとシアターへミュージカルやバレエ、オペラ、パフォーマンスを観て感激したり、ライブハウスでジャズ音楽を楽しんだりする毎日でした。

韓国の国立バレエ学校の男性とバレエくるみ割り人形全幕の中「中国の踊り」を2人で踊った事もあります。韓国語は全くわからなかったのですが、バレエ用語と呼吸でなんとか本番無事終えました。

* * *

好きな事を続ける事、なにも考えずに続けるか上手になりたいと思って続けるかのモチベーションで様々な事が変わってくると思います。もちろんその変化を怖がってしまえば、そこで成長は止まってしまうかもしれません。変化を恐れず、自分を信じ精進する事。 ダンスを通して色々な事を学んできました。楽しさ・カッコ良さ・おしゃれな表面的な部分はもちろん、内面的な部分を先生方、仲間達、なによりダンスをする事によりに学びました。もちろん、レッスンする事だけでなく、ステージでの経験があってでしょう。 ダンスをして私自身 色々な事を学びました。

*ダンスをする事に協力的な家族に感謝する気持ちが持てる事
*夢を持ち続ける事が出来る
*自分自身と向き合う時間がもてる
*現状を把握し悪い事をあらため良い事を続ける事
*心身共に健康である事
*成長する事
*愛する事
*集中して取り組む事
*自分で試して良かった事は伝える事
*いつでも勉強心・研究心を持つ事
*真似て学ぶ事
*感性を磨くために色々な事も進んでする事 
*十人十色、性格も骨格も考え方も人それぞれ違う事
*言葉に気をつける事
*大きな夢や目標は小さい努力の積み重ね
*1人で悩まず相談し協力してもらう事
*体に良いものを摂取する事
*楽しむ事
*高め合う事ができる仲間が自然と集まってくる事
*色々なジャンルの方と知り合える事
*ひとり一人のパワーが同じ目標に向かって魂を入れ努力し発揮すると感動をよぶ事
*自分を信じコツコツ続けると言う事

* * *

ダンスが好きで、人付き合いが苦手だった私は今、生徒達の成長する姿を見る事が生き甲斐になっています。好きな事に取り組む姿勢、キラキラと輝く瞳には年齢は関係ありません。

ぜひライフスタイルに合わせてダンスと上手につき合ってほしいと願います。学校や職場でのストレス発散や気分転換の場でも良いでしょう。

まず、ジャズダンスの楽しさを知って下さい。基礎トレーニングは同じ事の繰り返しです。少しずつ覚え出来る様になると嬉しくなります。そしてカッコ良く踊る事に近づいていきましょう。

趣味として、ジャズダンス・バレエ・タップダンスは、生活に張りが出来、楽しい気分になれます。上達してステージで踊りお客様から盛大な拍手をもらった時は最高の気分を味わう事ができるでしょう。お子様がダンスを始めると、お家で踊ってくれたりして、家の中が明るくなります。我が子の成長がもっと楽しみになります。

この想いをレッスンで少しでも感じていただければ幸いです。
日々の生活、皆様の心がダンスを通して豊かになる事を私は願っています。

小宮伸子

▲このページのTOPへ